Feb 13, 2013

番外編:Indies lacquer/polishってなーにー?

SORRY THIS IS JAPANESE ONLY POST!! It’s an introduction post for Indies polishes, which is yet-unknown-in-Japan huge movement in the world :) For non-Japanese readers, please enjoy as…Indies polish spam post <3

元より欧州住まいということで日本の方々には全く持って馴染みの薄いポリばかりをばんばか公開している当ブログですが、今回はその中でも特に知られていないであろう以下のポリどもに焦点を当てたいと思います。

……といいつつ海外ブログを読んでいる方々には結構お馴染みの面々でしょうけれども。あちこちのブランドから集めたこれらのポリどもには共通点がありまして……これら全部、実はいわゆるコスメティックブランドのポリではありません。個人のデザイナーさんが企画・製作・少量生産している、俗にインディーズブランドポリと呼ばれる物です。個人が作っているものなので流通経路および出回る数が限られているため、ほとんどがマニアやファンの間で消費され一般消費者向けに物および情報が出ることは滅多にありません。

(a-England Saint George)

とはいえ一般消費者が好むような定番カラー、あるいは肌馴染み系カラーなぞ 皆 無 ですが。そもそもインディーズポリのコンセプト自体、大手ブランドに自分好みなポリが無いので混ぜて作ってしまおうからスタートしているので一般的な色はまずありません。「自分好みの色が無いから混ぜて作って、出来たものを好きだといってくれる人に売る」という文化自体は実に1990年代からあるものですが(例:Hard Candy)、いわゆるインディーズポリと呼ばれるものが出て来たのは大体2009~2010年前後でしょうか。

(Enchanted Polish Green Peace on Earth & Girly Bits Street Magic over P2 Perfectly good!)

当初こそ既存のカラーポリやラメポリをいろいろ混ぜて……という状態だったものの、程なくしてポリッシュのベース溶液(ただのクリアポリでは無く、ラメやピグメントが沈まない特殊なもの)を供給するところ、さらには様々なピグメント(特に偏光/玉虫系)が供給するところが出て来て、ピグメントやラメを使ったポリ自作のハードルが劇的に下がった上、「変わったポリ」が欲しい海外ポリッシュフリーク連中の需要と供給ががっちり噛み合った(大体からして自作してる人々も個性派ポリ大好きなポリッシュマニアですし)結果、昨年あたりから爆発的に自作ポリ=インディーズポリのブームが広がった……とまぁこういうわけです。

(piCture pOlish Kriptonite & Cosmos)

まあ実は↑でもだいぶはしょっていて、さすが素人仕事というか、「どうして自作ポリブームが巻き起こったか」「その結果どうなったか」大小様々悲喜こもごもなエピソードや事件が山盛りあるのですが、まとめると酷い事になるのでとりあえず置いておいて。↑で我が家にいるインディーズポリの集合写真を出しましたが、世に出ている数からするとだいぶ少ないです。原因は単に私がインディーズポリに散見されるマルチカラー&マルチサイズラメどっちゃり系が好きになれないからで、実際は恐らく3ケタを超える製作者/ブランドがあると思われます。

(White Owl Lacquers Dwelling On Dreams over essie blanc & Phoenix Tears over essence via air mail!)

そんな中でも大手と呼ばれる連中はボトルのラベリングを手貼り印刷ラベルでは無くボトルへの直接印刷で行っていたり、「○○コレクション」と銘打って各季節各イベント毎に新作を出して来たり、それがまたリリースと同時に10分足らずで完売(!)したり、さらには定価販売ではなくオークション販売に切り替えた結果、特殊な材料も何も使っていないたかがラメポリ1本が$900超えてみたり(!!!)と最早「インディーズポリッシュ狂想曲」とでもいいたくなる様相を呈しています。
え、私?↑の所持数とコメントで察して頂きたく(・∀・)

(Cult Nails Coveted)

まぁさておき。
インディーズに分類されるブランド(=大手コスメティックメーカーの影響下に無い、アマチュア作家さんたちによるブランド)は大小様々ありますが、その中でも「色のデザインまでは自分たちでやって、生産自体は工場等に委託しているブランド」と「色のデザインどころかラメやピグメントその他の混合から瓶詰めまで全部自分たちの手でやっているブランド」に分けることが出来ます。前者はこちら↓

そして後者はこちら↓

大体の場合「全部の混合まで手でやっている系」はHand-mixedHand-madeであると大々的に銘打っているのでちょっとブランドの紹介ページ・ブログなどを見たらすぐ解ります。あとはクリアベース・クリアカラーベースあるいはクレリー(白濁系シアーカラー)ベースにマルチカラー&マルチサイズのラメごっちゃりというタイプは大抵Hand-mixedですね。特にこんなんどうやって爪に乗せるのさ、的な極大ホロ(2-3mmサイズ)を混ぜ込んでいる場合は大概そうです。とはいえ大手メーカーではなかなか出せない色をラインナップしているという意味ではManufacture系もHand-mixed系も同じですが(´∀`)

(Subtle stamping with Ninja Polish Alexandrite over P2 Eternal)

さてここまで読んで「面白そう!」「欲しい!」と思われた方ー、……散財の道へようこそ(・∀・)
実はインディーズポリのもうひとつ共通する特徴として、価格が結構高いというのがあります。使っている材料にもよりますが(使用材料によって各カラーの値段が変動するのもまた特徴です。例えば玉虫系、使っているピグメントが恐ろしく高価なせいか大抵高いですorz)安いブランドで大体$7前後、高いところだと$13前後ですか。少量生産=材料も小ロット仕入れ=どうしても大手より高くつく、というわけです。ヲタな例えで申し訳ありませんが、出版社から出ている単行本より自費出版な同人誌の方が薄いのにお値段が張るのと同じ理屈です。

(piCture pOlish Amethyst & Darling Diva Polish Blanche…Color of Amethyst is much warmer IRL :/)

で、お値段以外にも同人誌と同じと考えて貰えばいろいろ解りやすいと思うのが、
・メジャー流通に乗りようの無い(マニア好みな)作品を手に出来る
・カラー・品質・センスに関しては自己責任で
・生産数および入手経路が著しく限定されている
……などの点です。マニア好み云々は大体製作者自身マニアだから当然として、品質やセンスも作家さん毎に上手い下手良い悪いはやっぱりあるのでこれまた当然として、問題になるのは生産数および入手経路ですな。
まずHand-mixed系では無いManufacture系のものは生産ロットが大きめな上、ブランド自体が輸送慣れもしてらっしゃることもあり比較的簡単に手に入ります。


a-England(http://a-england.co.uk/
非常に美しいダーク系カラーがお得意な、そして何処から注文してもたった1本の注文だけでも送料無料という剛毅なブランド……でした(´;ω;`)Royal Mail御乱心の煽りを食らって現在国際輸送はストップしています。とはいえストップ前までの注文分はどうにかして(流通業者さんを介するなど)さばき、かつRoyal Mailに廃棄されたかも!という分は全額払い戻しor再発送するなど自腹を切りまくっている凄いブランドでもあります。

Cult Nails(http://shop.cultnails.com/
インディーズ系最古参ブランドの1つ。以前は「変わったポリ」といえば大体ここのポリというくらいでした。フレーク系ラメポリ好きな人、あるいはちょっと捻った仕上がりが好きな人だったら間違いなく好みの物が見つかります。ただ原料高騰に伴った値上げ&送料かかる、であまり手は出せませぬ……orz

piCture pOlish(http://www.picturepolish.com.au/
新参ブランドの1つにしてブロガーや流通業者さんとのコラボも盛んに行っている今多分一番元気なブランドです。インディーズ系が大抵ラメ至上主義or玉虫至上主義状態に走る中、ひと捻りある美しいGlass Fleck系大粒シマーカラーを多数揃えています。問題は元々のお値段が結構張るのと、何より送料が物凄く高いこと。ドイツ→日本の約10倍って何だ。なので直接ここのショップから何かを買ったことはありませぬorz


問題は個人でやってらっしゃるHand-mixed系の生産数&入手経路です。
まず生産数、人1人で作れる量はたかが知れている&個人のお宅では不良在庫を抱えられないということでほぼどれも数量限定品、ある程度数を売り切ったらおしまい、と見て間違い無いです:(;゙゚'ω゚'):
そして販売経路……フリマや手作り市で売っている人もいるようですが、そこはやはりオンラインの時代&そもそもメイン市場であるアメリカという国自体が広過ぎる、ということで大抵の方々はオンラインショップをetsy(http://www.etsy.com/)かBig Cartel(http://directory.bigcartel.com/)にお持ちです。
↑の2つはアマチュア作家向けマーケットサイトで、手軽に自分のオンラインショップを持つことが出来ます。何れも英語サイトなのでアレですが、検索欄(search)に「nail polish」などと入れると山ほど店や商品が出て来ます、一度お試しあれ。

(White Owl Lacquers…this one was given as a present and has no name…may I name as Shirokuma? :P)

さて、各作家さんから直接買い付けられるetsyあるいはBig Cartelのショップ群は「新作や限定品をいち早く買えること」および「マイナーなブランドを見つけられること」で支持されていますが、「とにかく送料がバカ高い」あるいは「国外(=日本)に送ってくれない」という問題もあります。これはインディーズポリ作家さんの多いアメリカおよびオーストラリアを中心とした各国郵便事情によるもの&それぞれの作家さんは危険物輸送のプロでは無いということでどうか諦めて下さい(´・ω・`)

(KBshimmer All Decked Out)

……諦められない?そういう場合は流通業者さんのショップに行くのが近道です。流通業者さん=確実に売れるものしか置かない=マイナーなものは入手できない、かつ多少のマージンを取る=直接買い付ける場合より多少高くつくという弱点はありますが、販売のプロなので確実に入手できます。また、大抵の流通業者さんは複数のブランドを一手にまとめて販売しているので、etsyなどからの買い物の場合と違い各ブランドのポリッシュ毎に送料を支払う必要が無いという点も喜ばしいところです。

(a-England Tess d’Urbervilles)

以下、日本へ国際発送を行っている流通業者さんの一例です。ちなみに何れの流通業者さんも、インディーズポリだけでは無く入手が困難な他国のポリ(イギリス・イタリア・ブラジルなど)も扱っていたりします。こちらもまたお国柄というか、変なポリがいろいろ散見されるので是非一度見て頂きたく(^ω^)


Llarowe(http://shop.llarowe.com/
インディーズポリッシュブームを受けていち早くインディーズポリの流通を始めたアメリカの業者さんです。押しも押されぬ最古参ということで取り扱っているブランド数&リリースの早さは他の追随を許しません。ただ個人的にちょーっと嫌な思い出があるのと、何せ送料が張るのでほとんど利用していませんが(´・ω・`)あ、でも最近アメリカ郵便の国際送料大幅値上がりに伴い、小分けで送るよりもまとめ買い推奨、ということで$200以上の利用は送料無料になったようです。

Harlow & Co(http://www.harlowandco.org/
お世話になっています(スライディング土下座)カナダの業者さんで、扱っているポリの数は然程多くないのですがKBshimmerやHappy Hands、Lime CrimeなどLlaroweが扱っていないブランドが結構あります。そしてここの素敵なところは何といっても$50以上は何処宛でも送料無料になるところ。今年になって国際送料値上がったはずなのに未だに$50ラインで頑張っています。素晴らしい。$50って結構すぐ行くこともあって大いにお世話になっています(`・ω・´)

Ninja Polish(http://ninjapolish.com/home.php
名前が……w 取り扱いブランドの数が多い訳ではなく送料無料がある訳でもないここの見どころは何といってもNinja Polish自体が企画・生産しているポリたちです。しかも中の人たち自身の作品だけでなく他の作家さんのポリを委託生産して販売している(Nail-VentrousのFloamシリーズとか)ので、ここでしか買えないポリも多数です。あと面白いのはCover-Bandシリーズ。とあるブランドの人気ポリのデザインを丸パクして「Cover Band」って……なかなかやるなあとw

MeiMei's Signatures(http://meimeisignatures.com/
シンガポールのお店第1弾。日本にいてインディーズ系を買うならむしろここではないかと私は思っています。近い=送料安いですし、何より取り扱っているブランドの数が尋常では無い!Llarowe・Harlow & Coに無いものでもここにはあるということもままあるので(Different Dimention・Rainbow Honey・Takko Lacquerなど)要チェックです。インディーズブランドの中でもちょっとマイナーめなところをいち早くラインナップして来るという意味ではとても面白いショップです。

Shoppe Eclectico(http://www.shoppe-eclectic.co/
シンガポールのお店第2弾。MeiMei’sより規模は小さいですがこれまた他のどのショップも取り扱っていないブランドが結構あります(Chirality・Fanchromatic・Northan Starなど)。他の取り扱いブランドも意外とマニアックな色作りをしているところばかり揃えているので見ていて実に楽しいショップです。あと送料が日本宛てならばS$6(=約450円)固定なのも美味しいところ。買うブランド・量および価格によってはLlaroweよりも安く購入できる辺りがなかなか素敵です。


えー、あくまでも日本宛てということでショップを選んでみましたが他にもいい流通業者さんは多数あります。よく利用していたイギリスの業者さんがRoyal Mail御乱心の煽りを食らって私涙目とか(´;ω;`)私が住んでいたときは業者さんの影も形も無かったフランスに今頃ぽこぽこ出来て来てさらに涙目とか(´;ω;`)でもインディーズポリのブーム自体一過性では無い感じなので(China GlazeやColor Club、OPIなどの大手がラメごちゃーなポリや玉虫ポリを出して来ているのはインディーズポリ市場から顧客を奪うためだろうと思います。動いているお金が半端無いですし)今後も業者さんは増えるかなー、……出来ればドイツに出来ないかなー、とか思っている今日この頃です。

(Darling Diva Polish Honey Bunneh & Ninja polish Color Change Garnet over KIKO 324)

と も あ れ 。
壮絶に長くなりましたが如何でしょうか。これでインディーズポリというものの片鱗をちょっとでも感じ取って頂けたら幸いです。興味を持って頂けたなら尚更幸いです。その辺では見かけないような変わったポリが欲しければインディーズポリは1つのいい選択肢だと思います。特に偏光系・玉虫系はジェルやラメホロでどうにかできない、ポリならではの面白仕上がりに一役買うこと間違い無しです。「こういう感じのポリが欲しいけど市販されていない(´・ω・`)」というとき、インディーズポリ市場もちょっと覗いてもらえたらな、と思う次第です。

18 comments:

  1. ちょっと今からChiroさんの載せてくださったHPのぞいてきます←

    散在への道が…っwww

    ReplyDelete
    Replies
    1. わははははようこそお越し!w
      いやーキレイなの多いですもん仕方ないですよー←

      Delete
  2. お〜保存版のポストありがとうございます。
    インディポリ高いですよね……
    自分で作り始めましたが、やっぱりザクザクラメのほうが簡単だし安上がりなんですよね。
    作ってテストで塗って、落とすのにだりぃ〜〜〜ってなってます。
    玉虫はほんと手軽に作れてうっとりしてます。玉虫の粉は高いけど、使うのは本当に少量・耳かき1杯程度でいいので、皆ぼったくりすぎじゃない??(rolling eyes)とか思ってます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sayaさんに「保存版」といって頂けるとは……!*Fangirl moment*<いい日本語が見つからなかったらしい

      しかし高いですよねインディーズ。まず間違い無く黎明期の2ブランド(CとL)のせいだと思ってますが。黎明期についちゃった価格を下げるというのはなかなか出来ることでは無いかなーと。今は半分くらいはデザイン料と手間賃だなーと思って、気に入ったものだけ買うという感じにしています。

      Spectraflairは……粉末で少量入手できていた以前は良かったのですが、メーカー自体が販売統制を始めてポリ用少量販売はSuspension baseに入った状態で売るようになってから倍近い値上がり方をしているので、一概にぼったくりと責められないかなーと。あと売り出されたときに出た推奨量が「ポリ1本(15ml)に対し120mg前後」だったので(1gで8本できる算段)、そこから計算すると他のポリより$1~2高くなるのはまぁそんなもんかもなー、と思っています。

      ……とはいえ明らかにピグメント量(=エフェクト量)が足りなくて同じように価格をつけているものを見ると「あほかー!!」と机をひっくり返したくなりますがw

      Delete
  3. >China GlazeやColor Club、OPIなどの大手がラメごちゃーなポリや玉虫ポリを
    >出して来ているのはインディーズポリ市場から顧客を奪うためだろうと
    インディーズで安定して売れてる=金になると分かったら出す、のが大手なんでしょうね。そんな後だしじゃんけんとか、映画の知名度傘に来たコラボとか、ていのいい他力本願してるから大手はいつもどっかで見たような色しか出せないんじゃねえのかと思っとります。戦略が同じだから出す色もかぶってるし(笑)。

    でも大手に出回って一般化した頃には、インディーズで買っていた人たちは違うテイストのものに視点を移しているor興味がうせていると思います。まあでも、「インディーズで買うほど欲しくないけど入手しやすい大手から出たなら買う」という方が多数派、ということになれば結果的に売り上げは上がるから、商法としてだけみれば成功ってことになるんでしょうかね。なんだかなあ。

    Ninja PolishのFacets3色コンプされているようで羨ましいです。AlexandriteとZultaniteの入荷を待っているんですが、一向に再入荷の気配がなく・・・。
    商業誌と同人誌の例えは私もまさにそう思ってましたわー!!やっぱヲタク属性だとこのへん同じこと考えますね(笑)。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 一応各メーカーなりのひとひねりは入れているようですが、でもちょーっと企画力足りてなくね?と思う今日この頃です。どの色も元はこのブランドのアイディアだよなー、随分遅くねーかなー、と思うこと多々。まあインディーズというものの存在を知らない人にアピールするにはいいのかな、とは思いますが。

      Ninja Polishは……昨年末に「ピグメントがどうにか確保できたよ!」というアナウンスがあって、お一人様1本みたいな凄い制限つきで売り出されたときに全部まとめてコンプしました。これも確か15分くらいで無くなった気がする。その時既に「これがもう最後の売り出しー!」みたいになってたので……またピグメント類が確保できればいいのに、と思いつつ(´・ω・`)

      Delete
  4. chiroさん。こんにちは。
    ホーム画面追加則決まりです!
    chiroさんとシイキさんのブログで、インディーズポリを知りプレートの次はインディーズばかりググってる毎日です。
    a-englandは滑り込みでげと出来たから本当に良かったです。chiroさんに声を掛けて頂けてマジ感謝です。
    ありがとうございましたm(_ _)m
    KIKOの玉虫、大切に使います。
    上に貼ってくださったサイトで、まだ行ってない所もあるので、検索が楽しみです。
    頭のなかがネイルだけになっている今日この頃です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. あちこちの日本の方のブログでLlaroweの名前を散見するようになり、流通業者さんは何もLlaroweだけでは無いんだけどな、他のショップももっと評価されるべきやんな、から書き始めた記事なので参考になれば幸いです( ^ω^ )いや、↑にも書きましたが私実はLlaroweあまり好きではな(ry

      インディーズポリは日進月歩かつブランドの数が飛躍的に増えているので追いかけ出すと大変ですよ!でもそれが楽しいんですけどね♪まだまだ書き足りていないエピソード類はいろいろあるので、またまとめることができればいいなーと思っています。

      Delete
  5. こんにちは^^


    インディーズポリって
    カラーを見て惹かれはするものの
    いまいちわかりにくいというか・・・
    ちょっと手を出すのをためらう感じがあって。
    (支払いとか送料とか)

    chiroさんがくわしく記事にして頂けたので
    すごくありがたいです!!

    それにしてもどのカラーも本当に素敵。
    毎回、chiroさんのネイルを見て悶えています。


    あぁ欲しくなる・・・
    そしてはまって溺死しそうです(笑

    ReplyDelete
    Replies
    1. そんなアナタに つHarlow&Co <どんだけ推してんの<いやお金とか貰ってませんよ

      冗談はさておき、基本的にどのショップも支払いはPaypalで、となっているのでそこさえクリアできればあとはショップ置きのポリッシュたちに溺れれば良いと思います<をい
      ただ値の張るものではあるのでハマると大変です。そこは適当に楽しんで頂ければと思いますがw
      私?欲しいのがまとまったときに買っています。そして近々またオーダーするかなーと目論み中です(`・ω・´)

      Delete
  6. 好きです。
    大好きです、このマニアック感とどこまでも長い記事(笑)
    買うか買わないかは別として、
    インディーズポリってなんぞや?と思ってたので
    こちらの記事を読んでスッキリしました。
    そして、何て表現したらいいんだろう、
    なんだか夢を持って読む事ができました。
    私にもインディーズポリを手に入れる選択肢が増えた、って感じ。

    いや~、しかし好きだわ、
    Chiroさんのこういう深いとこまでつっこんだ記事。
    存分に楽しませていただきました。
    ありがとうございました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. お返事遅くなりましたー!
      マニアックかつ長々とした記事で申し訳無いですw
      なかなか1つにがつっとまとめた記事って無いよなーというのと、あとあちこちのブログなどを読んでいて「それだけじゃないんだよー!!」と思うことも多々あった結果がコレですorz が、楽しんでいただけたなら幸いです!

      あと
      >なんだか夢を持って読む事ができました
      これ、物凄ーく嬉しかったです。また楽しく読んで頂けるような記事を目指して頑張ります!

      Delete
  7. 海外のブログでお目にかかる珍しいポリってこの子たちだったのね!
    と納得しました。
    ポリ自作販売などと言うコアな世界があるとは…!

    でもどうせ海外のものだし指をくわえて見てるだけのものと思っていたけど、
    道筋が見えてきて恐ろしいですww

    ちょっとまたじっくり読ませて頂きます!
    ありがとうございました(`・ω・´)

    ReplyDelete
    Replies
    1. 自作販売、面白いでしょーw
      大体欧米って無いのなら作ってしまえ、という風潮は何につけても日本より強いんですよねー。私の元上司も例えば古い空き家を買って内装その他ぜーんぶ自分たちでやっちゃってましたしw

      お値段はどうしても張りますが、変な感じのポリやちょっとこういう感じのが欲しいけど無いなーというときにはいいですよ。参考になったならば幸いです!

      Delete
  8. I don't know what you're saying but the nail polishes are all gorgeous *drool*!

    ReplyDelete
    Replies
    1. HAHAHA Sorry!!
      But if you enjoyed as the indies spam post, that's my pleasure <33

      Delete
  9. OMG, I need my Saint George!!! And I need many of these polishes that you showed us today! :-)

    ReplyDelete
    Replies
    1. Oh-oh, still not there? :/ Hoping fast arrival, and...
      I'm happy you loved my small indie collex :D

      Delete

Template developed by Confluent Forms LLC